産後の食欲がとまらない時のおすすめの対処方法のまとめ

産後の食欲が止まらない

「食べても食べても物足りない…」「さっき食べたばかりなのに、もうお腹が空いてきた…」といったことはありませんか?これは、産後特有の症状の1つです。

産後の食欲が全然止まらない、どうしたら良いのかなど対処方法についてまとめてみました。

産後に食欲が止まらないのは精神や肉体が緊張しているのが原因

さっき食べたばかりなのに、もうお腹が空いてくるのは、産後によく見られる症状の1つ。

産後にお腹が空いてたまらない、食欲が止まらないといったことは、産後は自然なことです。

自然なことですので、お腹が空いているけど、産後の体型のこと、体重のことが気になって、食事を控えるなんてことはしなくても大丈夫です。

授乳にはたくさんの栄養素が必要になりますので、我慢する方が逆効果になってしまいます。

お腹が空いていないのに「まだ何かを食べたい」「食べても食べてもお腹がいっぱいにならあい」といった尋常じゃない空腹感、食欲があるのは、精神的にも肉体的に疲れている、緊張している状態のサインです。

自分で感じている以上に精神、肉体それぞれ緊張している

自分であんまり疲れていない、ストレスが溜まっていないと感じていても、実は自分が感じているより、体が疲れていたり、ストレスが溜まっていることがあります。

赤ちゃんのこれからのこと、ちゃんと育てられるかの不安、子育ての方法、将来のこと、お金のこと、などたくさんの考えることがあります。

肉体的、精神的に受けるダメージ、緊張は想像以上に大きいです。そして、ついついて食べることに走ってしまいます。

これらのことは、どれもこれも仕方がないことです。緊張状態を以下に解消してあげることが大事になってきます。

母乳育児の場合消費カロリーが多いから

肉体的、精神的の緊張以外にも、母乳育児の消費カロリーが多いのも食欲が止まらない1つの理由です。

個人差はありますが、母乳育児をされている場合1日約500〜700カロリー消費されます。500〜700カロリー消費する運動を見てみましょう。

  • ウォーキング:約2時間
  • ジョギング:約1時間
  • 水泳:約50分
  • サイクリング:約1時間

授乳育児の場合、1日約500kcal消費するわけですから、上記の運動を毎日行っているってことになります。消費カロリーが多い=お腹が空くということになります。

しっかり栄養素を摂らないと赤ちゃんに栄養素が行き渡りにくくなりますので、栄養はしっかり取らないといけません。

産後の食欲が止まらない時に抑える方法

1.緊張をほぐすストレッチやマッサージを行う

冒頭でも解説している通り、肉体的、精神的に疲れている状態です。産後の食欲を抑えるためにも、まずは、緊張をほぐすことが大事です。

産後すぐに激しい運動などは行なえませんが、軽いストレッチなどは可能です。YouTubeとかで「産後ストレッチ」などと検索すれば、たくさんのストレッチ方法が出てきますので、参考に行ってみてください。

2.温かいお茶、白湯を飲む

食欲が止まらない、甘いものが無性に食べたくて仕方がない時は、「温かいお茶」や「白湯」を飲むと良いでしょう。授乳中はカフェインの摂りすぎには注意したいので、できるだけノンカフェイン系を。

また、甘い飲み物に少し注意が必要です。脂質の高い食べ物、砂糖の多い飲み物、乳製品の摂りすぎは、乳腺を詰まらせてしまう可能性があるので、摂りすぎにはご注意ください。

体の冷えにも注意したいので、暑い真夏でもできるだけ、冷たい飲み物は避けてくださいね。

3.お腹が空いたらおにぎりを食べる

手軽に食べれて、作り置きが簡単なおにぎりは、産後の食事で鉄板中の鉄板です。

産後はどうしても、赤ちゃんに合わせた生活習慣になりますので、ゆっくりした食事の時間が取れないことが多いです。そういった時に、簡単に食べれて、空腹感を満たせるのがおにぎりです。

おにぎりの具材も低カロリーなのがベストです。ケーキとか甘いものを食べたい欲が出てきますが、おにぎりで耐えましょう。

産後に食欲が止まらないのまとめ

この記事のまとめ
  • お腹が空くのは自然なこと
  • 肉体的、精神的に緊張している
  • 授乳の消費カロリーが多い
  • 温かい飲み物を飲んで一息
  • ストレッチやマッサージがおすすめ